アルファ/フィアット/ランチア

ランチア アッピア用ピストン

2020/06/25

新型コロナウイルスの影響で入荷が大幅に遅れてしまったランチア アッピア用のピストンがようやく到着しました。

イタリアは現在でも酷い状態であることは間違いないですので入荷が遅れても仕方がありません。

piston1

piston2

1950年代のアッピア、当然パーツの入手も困難な物が多いです。

かといって当時物のピストンを探すくらいならイタリアで作った方が早いし安い。

当社のポリシーとして出来るだけ当時物を使用したいと思いますが、エンジン内部のパーツは特に拘ってはいません。

もし現代の材料と技術でピストンが作れるのであれば迷わずこちらを選択します。

クラッチディスクは運良くイタリアに在庫ありましたので問題ありませんでした。

さぁ他のパーツも揃っていますのであとは国内での作業です。

一気にやっちゃいましょう!!

少しづつパーツが到着しております。

2020/05/11

ようやく少しづつですがフェラーリのパーツがヨーロッパやアメリカから入荷し始めています。

parts

 

国内調達も含めて取れる所から取り寄せていましたが、今週末から来週初め頃にかけてはドド~んと数百万円分のパーツが到着する予定です。

それでもまだまだ少し時間掛かるパーツもあります。

でも「普通」がどれだけありがたかったか深く考えさせられる出来事です。

「当たり前」にもっと感謝しなければいけませんね。

クラシックカー専用エンジンオイル「AGIP NOVECENTO」

2020/05/08

日本では唯一当社だけがイタリア Eni 社から許可をもらい取り扱いを開始しましたクラシックカー専用のエンジンオイル「AGIP NOVECENTO」です。

1970年代後半に黄金時代を形成したスクーデリアフェラーリ (F1) の 312T シリーズのボディには「AGIP」のロゴがいっぱい貼ってありましたよね。

312T

はい、その「AGIP」です。

AGIP の名前はなくなってしまいましたが数年前に AGIP の名前が復活し、クラシックカー専用のエンジンオイル、ミッションオイルが開発/販売されました。

化学合成オイルではなく、クラシックカー専用とあってベースオイルは鉱物(ミネラル)です。

クラシックカーのエンジンに使用されているガスケットやコンポーネントのクリアランスを考えると最新の化学合成オイルよりも昔ながらの鉱物オイルの方が安全/安心です。

だからといって当時のオイルを使用している訳ではないですよ(笑)

現代の最新技術で製造されておりますのでご安心下さい。

このクラシックカー専用エンジンオイルでは 1900 年~ 1950 年頃までに製造された車両にお勧め出来るシングルグレードの SAE 40 と SAE 50 も設定があります。

シングルグレードは需要も少ないので生産自体が少なく、当社にも SAE 40 の 1 リッター缶と 4 リッター缶が数本だけしか入荷しておりません。

 

シングルグレード SAE 40 (1 リッター缶)  3,000 円(税別)

40a

 

シングルグレード SAE 40 (4 リッター缶)  12,000 円(税別)

404

 

マルチグレード は SAE 20W-50 と SAE 15W-50 の設定があります。

メーカーは 1950 年~ 1970 年頃までの車両には SAE 20W-50 を、1970 年~1990 年頃までの車両には SAE 15W-50 を推奨しておりますが絶対にと言う訳ではございません。

 

マルチグレード SAE 20W-50 (1 リッター缶)  3,000 円(税別)→ ありがとうございます、完売しております。

20W501a

 

 

マルチグレード SAE 20W-50 (4 リッター缶)  12,000 円(税別)

20W504a

 

マルチグレード SAE 15W-50 (1 リッター缶)  3,000 円(税別)

15W501a

 

マルチグレード SAE 15W-50 (4 リッター缶)  12,000 円(税別)

15W504a

 

そしてミッションオイルは 4 リッター缶のみの設定です。

SAE 80W-90  (4 リッター缶)  12,000 円(税別)

80W90a

 

このオイル缶はなんとオブジェにも最適です(笑)

ガレージに置いておくだけでもオシャレですね。

エンジンオイル/ミッションオイルをご注文頂くとちょっとしたノベルティやステッカーもお付けしております。

agip1

agip2

AGIP = Ferrari のイメージ大きいですが、当時はフェラーリ以外のランボルギーニ、マセラティやアルファロメオもメーカー指定オイルが AGIP でした。

特別フェラーリ専用ではございませんのでクラシックカーであれば他の自動車メーカーでも大丈夫です。

 

エンジンオイルは数量によっては金額もご相談させて頂きますので業者様もお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはご面倒でもメールかファックス (058-253-7572) にてお願い致します。

 

 

新型コロナウイルスの影響

2020/04/07

毎日報道される新型コロナウイルスの影響ですが、飲食店だけではなく当社のような輸入業者も大ダメージを受けています。

ということで少し当社が受けている影響をご説明します。

当社は基本的に海外(主にイタリア、イギリス、ドイツ、アメリカ)からフェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、アルファロメオ、アバルト等のパーツを取り寄せております。

毎週何便も海外から荷物が届き、お客様に納品しておりましたが、3月後半からはこの入荷する荷物がほとんど「ゼロ」です。

ごく一部、奇跡的に荷物が届くことがありますがこれもいつまで続くか分かりません・・・

従って現在は当社に在庫がある商品と、一部日本国内で調達出来る商品のみしか販売出来ておりません。

当社に在庫がある商品も多くはフェラーリの消耗品になりますがこれらも「補充」が出来ず在庫の数が減っていくだけです。

最近お客様から「納期はいつ頃になりそうですか?」と質問されますが、正直「分かりません」とお答えするしかないです。

海外の状況は日本よりも深刻です。あと数日、数週間で良くなるとは到底思えません。

お問い合わせ頂く分には全く問題ございません、当社に在庫ある物や国内で調達出来る商品に関しては金額/在庫状況/納期もご案内出来ます、ただ手持ちの在庫がない物、国内欠品の物に関しましてはそもそも海外と連絡すら取れない状況ですので金額/在庫状況/納期の確認自体出来ない状態です。

そんな中、お問い合わせ頂き、ご購入頂けるだけでも非常にありがたいです。

ferrariparts

日本国内では今日「緊急事態宣言」が出るそうですが、まだまだ不安な日が続きます。

私も小学生と幼稚園児の子供が3人います、まずは子供達の命を守ることが親としての最大限の使命だと思っていますので、みなさまもどうか大切な人の命を守る為にももう少し我慢しましょう。

「明けない夜はない」

 

AGIP NOVECENTO 販売開始します!!

2020/03/31

満を持して AGIP NOVECENTO の販売を開始致します!!

40才代以上の方には懐かしいと感じる六本足の犬が炎を吐くロゴでお馴染みの「AGIP」オイルがクラシックカー専用のオイルを開発しました。

ブランド名は「AGIP NOVECENTO」カタカナで書くとアジップ ノヴェチェントです。

日本国内ではまだ販売されておらず当社のみがイタリア Eni 社から唯一販売許可をもらっている会社になります。

まだまだ本社の在庫管理が安定しておらず今回入荷した第一便も全てのラインナップで余裕のある数量入っておりません・・・とりあえず先に下記 3 種類のみの販売になります。

agip

 

① エンジンオイル 20W-50 (1950年~1970年代のモデルにお勧めです)

4リッター缶 = 12,000 円 (税別)

 

② エンジンオイル 15W-50 (1970年~1990年代のモデルにお勧めです)

4リッター缶 = 12,000 円 (税別)

 

③ ミッションオイル 80W-90   4リッター缶 = 12,000 円 (税別)

 

送料無料です。

 

3 種類とも 4 リッター缶のみとなります。

1 リッター缶や 30 リッター缶は数量が極端に少ないのでご希望の方はお問い合わせ下さい。

ご存知の通り AGIP オイルは当時 フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、アルファロメオのメーカー指定オイルでした。

世の中には色々なエンジンオイルが存在しますが「やっぱり AGIP オイルがイイ!!」って思って頂けると嬉しいです。缶だけ飾っておいてもオシャレですしね。

もちろん天下の AGIP 社 (今は Eni 社) が開発したクラシックカー専用のオイルですので、熱劣化に強く、優れた耐摩耗性、高い耐腐食性を持ち、メカニカルパーツの保護にも効果があります。

ベースオイルがミネラル (鉱物) です、化学合成オイルの小さい分子ではないですので、紙ベースのガスケットやゴム製のガスケットにもダメージがなく、オイル漏れ防止にもなります。

何十年も経過しているエンジンはどうしても摩耗劣化で例えばシリンダーとピストンの隙間 (クリアランス) も広くなり、圧縮が落ちていきます、ある程度の粘度があり分子が大きいクラシックカー専用オイルを使用した方が圧縮が高くなり本来のパフォーマンスが発揮出来ますし、冷却性能やカーボンやスラッジを洗い流す洗浄効果等、色々と考えられて開発されています。

エンジンオイルって思った以上に重要です。クラシックカー専用のオイルを使用してもやはり定期的なオイル交換はして下さい。

とにかく流通量が非常に少なく、事前にご予約頂いていた分を除くと残りの数量も少ないです。

新型コロナウイルスの影響で深刻な状況のイタリアでは次回の第二便もいつ頃出荷出来るのか不透明な状況です。

お問い合わせはご面倒でも メール にてお願い致します。

 

AGIP NOVECENTO 第一便到着

2020/03/25

今年の春頃から販売を開始する予定のクラシックカー専用のエンジンオイルとミッションオイルがイタリアから無事到着しました。

ブランドはみなさんご存知イタリアの「AGIP」です。

2010年頃にイタリアの AGIP は Eni に社名変更していますが、昨年クラシックカー専用のエンジン/ミッションオイルを開発し、ブランド名も当時の「AGIP」を復活させました。

もちろん火を吐く犬は今でも健在です!!

agipoil

エンジンオイル (鉱物) のラインナップは

① シングルグレード 40 (1900-1950年)

② シングルグレード 50 (1900-1950年)

③ マルチグレード 20W-50 (1950-1970年)

④ マルチグレード 15W-50 (1970-1990年)

 

ミッションオイル (鉱物) のラインナップは

① 80W-90

② 85W-140

 

エンジンオイルはそれぞれ1L缶、4L缶、30L缶がございます。

ミッションオイルは1L缶、4L缶になります。

金額等は改めて後日ご案内させて頂きます!!

 

丸型 メッキミラー

2020/03/19

クラシックカーにとてもよく似合う丸形メッキミラーですが、在庫ございます。

特にフェラーリ専用と言う訳ではございませんが、フェラーリですと1960年代~1970年代のモデルには多く使用されていました。

Dino 246GT やデイトナなど。

mirror1

mirror2

mirror3

mirror4

mirror5

mirror6

フェラーリ以外でもフィアット、アルファロメオ、ランチア、アバルトのクラシックモデルでもよく装着されている姿見かけます。

イギリス車でも全然 OK です。

とりあえずヤフオクには出品中ですので売れてしまうと取り寄せで少しお待ち頂くことになります。

ランチア アルデア ガスケットキット

2020/03/11

混乱の続くイタリアからなんとか届きました、ランチア アルデア用エンジンガスケットキットです。

ランチア アルデア ?

聞いたことない人も多いと思います、正直私も依頼を頂いた時に「アルデアってどんなクルマですか?」と聞きましたから(笑)

まぁ国内に何台かしかないでしょうね。

でもこの辺りの 1940 年代、1950 年代のパーツが今でも出てくるイタリアはすごいっ!!って思います。

正直ガスケットでもポン付け出来る物ではないでしょうね、でも形あるだけでも、材料があるだけでも「マシ」です。

ardeagasket

 

 

イタリア車の部品販売代行のご案内

2020/03/05

当社では修理工場様、販売店様、そして個人のお客様が在庫されている「長期在庫部品」をお預りして販売代行しております。

今までお預りした部品も多数ありますが、依頼を受ける理由としては、修理工場様ですと

「たまにしか入庫しないフェラーリでさらに現在は在庫している部品が適合するフェラーリに乗られているお客様がいないから」

「修理目的で取り寄せたが使用しなかったランボルギーニの部品がある」

「在庫整理をしたい」

 

等々・・・

 

個人のお客様では

「以前所有していたアルファロメオを手放してしまいスペアで保管していた部品が不要になってしまった」

「インターネット通販で海外から取り寄せたが自分の車には合わなかった、返品方法が分からずそのまま保管している」

「自分も年を取ったのでそろそろ身の回りの整理をしたい、今まで集めた部品等も少しづつ処分していきたい」

 

等々・・・色々な理由や事情があります。

 

残念ながら当社では買取は致しませんが、お預りして国内/海外にて販売を致します。

お預りした部品は当社の倉庫で保管します。写真撮影、バイヤーとの交渉、梱包/発送も全て当社で行いますので基本的にはお客様は商品の分かる範囲での詳細や希望価格を商品と一緒に当社までお送り頂ければ大丈夫です。

 

現時点ではイタリア車の新品パーツのみで対応しております。

 

ただご理解頂きたいのは当社にお預けになっても直ぐに現金化出来る保証はございません。

やはり世界中で必要とされている方にしか基本的には必要ではない商品ですので気長にお待ち頂く必要あります。

当社にも膨大な長期在庫あります、通貨がユーロに統一される前のイタリアリラ、フランスフラン、ドイツマルクの頃からの在庫品も多いです。

しかし、国内のヤフオクやメルカリに出しているよりは海外の方が圧倒的な需要はありますので当社にお預け頂くメリットはあると思います。

parts

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

マセラティ AGIP オイルデータプレート

2020/03/04

クラシックマセラティ用のオイルデータプレートが何枚か入荷しました。

lubrication plate

簡単に言うとこの当時のマセラティ社からの指定オイルの種類が書かれたプレートです。

1960年代、1970年代は AGIP がメーカー指定でした。

AGIP ってフェラーリの指定オイルのイメージは強いですが、結構他のイタリア車、ランボルギーニ、マセラティ、アルファロメオなんかも当時の指定オイルでした。

春頃から本格的に AGIP NOVECENTO という AGIP のクラシックカー専用オイル(鉱物油)販売に向けて着々と準備中です。

 

123