水平対向12気筒

フェラーリ 365GTB/4 デイトナ用トランクオープナー

2018/12/15

フェラーリ 365GTB/4 デイトナのトランクオープナーをご注文頂き取り寄せました。

30195903a
30195903b

メッキのハンドルがポキッと逝くことはないですが、土台(何かいい呼び方ないのか?)がプラスチック製なので割れてしまうんです。

最近は土台だけアルミ製のリプロも出ていますが、やっぱり丸みのあるプラスチック製が違和感ないです(笑)

入手出来るのであれば多少高くても純正のプラスチックタイプがいいです・・・私は。

他にも Dino 206GT のエンジンフードオープナーとしても、365BB/512BB のカウルオープナーとしても使用されていますね。

まだ入手出来ますのでお気軽にお問い合わせ下さい!!

但し「年内に!!」とは言わないで下さいね(涙)

フェラーリ 512BB

2018/11/27

現在部品供給でお手伝いしておりますフェラーリ 512BB エンジンの仮組みが終わったということでメカさんから画像頂きました!!

相変わらず素晴らしい出来です。

DSC_0098
DSC_0102
DSC_0099

このメカさん実は変態仲間です(笑)。

師匠が西の変態であれば、この方は東の変態さんです。

結構長いお付き合いで今までも Dino 246GT、ミウラなどの部品調達でお手伝いしてきました。

拘りはやはりボルト一本でも妥協しません。

話をしていても師匠と同じこと言います(笑)

この 512BB もエンジンだけではなく、他の箇所もこれから開始します。

同時進行でミウラ P400S、デイトナの部品調達していますのでとにかくキッチリ管理していかないと何が何だか分からなくなりますので。

 

今週末には当社のブログを読んで共感して頂いた方のランチア アッピアが師匠のところに入庫します。

偶然先日のコッパディ東京でお会い出来ました!!これも何かのご縁ですかね。

フェラーリ デスビキャップ&デスビローター

2018/11/01

連続してデスビキャップ&デスビローターをご注文頂いております。

フェラーリ 512BBi 用デスビキャップ&デスビローター

512BBi

 

そしてテスタロッサ用のデスビキャップ&デスビローター

testarossa

写真撮り忘れていますがフェラーリ 328 用、デイトナ用も到着しております。

そして来週はランボルギーニ ミウラ SV 用も到着予定です。

当時の Marelli 製が手に入るとイイのですが・・・

こんな感じで!!

dino1
dino2

かなりレア・・・

ニュースでカルソニックカンセイがマニエッティ・マレリを買収するようですが・・・まさかデスビキャップは作りませんよね・・・涙

 

フェラーリ フューエルポンプガスケット

2018/10/30

フューエルポンプの周りに付く・・・そうアレです。

ガソリンでボロボロになってしまう・・・アレです。

でも最近はフェラーリから再供給されたガスケットや、社外品も出ており、とりあえず全ラインナップ対応出来ます。

最近入手したのはこの車種用 (P/N : 170511)

フェラーリ 456MGT/MGTA

フェラーリ 550 マラネロ

フェラーリ 550 バルケッタ

170511

36mm という小さな径のタイプです。

こちらは社外品、純正供給はありませんので選択の余地ナシ・・・

 

そして 53mm も社外品 (P/N : 144232/153188)、60mm は奇跡的?にも純正再供給されました (P/N : 126809)

53mm (P/N : 144232/153188)

フェラーリ 456GT/GTA

フェラーリ 348

フェラーリ F355 (M2.7 ポンプが2個付くタイプ)

フェラーリ F512M

 

60mm (P/N : 126809)

フェラーリ 348

フェラーリ F355 (M2.7 ポンプが1個のタイプと M5.2)

フェラーリ 512TR

フェラーリ モンディアル t

フェラーリ 412

153188

社外品は結構ゴムが固いので温めてから使用しないと窮屈で上手く付きません。

一応全てガソリンに強い材料で作られているようですが、「絶対」に大丈夫という訳ではなさそう。

当時の純正品よりは間違いなく強くはなっていますが・・・

 

 

フェラーリ 308/400i/365BB 512BB 用ヒーターバルブ

2018/10/24

色々と探してようやく2個手に入りました、ヒーターバルブ (110066) !!

110066a
110066b

もう何年も前から入手困難にはなっていました・・・案外同じ形状の物がなく困っている方もいるかも?

結構色々なモデルに使用されています。

400i (前期)

365BB/512BB

Dino 308GT4

308GTB/GTS

308GTBi/GTSi

308QV

288GTO

308GTBi/GTSi、308QV、288GTO には一台で2個使用されていますね。

残念ながらちょっと高いです・・・涙・・・ごめんなんさい、でも手に入らないパーツは現在でもどんどん値が上がっていきます・・・

ワイヤーが付く所は少し加工必要かもしれません。

手に入るうちに手に入れておこうとお考えの方は是非お問い合わせ下さい。

ありがとうございます、完売致しました!!

フェラーリ ドアキーブランク

2018/09/05

多分1980年代頃までのフェラーリモデルには写真のようなドアキーブランクが使用されていると思います。

もっと古いモデルは黒色のグリップがない、ひし形のドアキーでしたね。

とりあえず写真のタイプは少しだけ在庫あります。

しかし!!問題はドアキーでも溝の方向だったりと4種類あるのです。

doorkey1

どれが自分のドアキーに適合するのかを見分ける方法があります。

それは・・・!!必ずドアキーには数字が刻印されているのです!!

手元にサンプルのドアキーがないので写真でお見せできませんが、ドアキーを見て頂ければ多分数字3桁か4桁くらいが刻印されていると思います。

刻印がない場合はもしかするとオリジナルのキーではない可能性あります。

キーブランクにも

2番!!

doorkey2

 

4番!!

doorkey3

 

6番!!

doorkey4

 

8番!!

doorkey5

と番号が既に刻印されていますので、例えばお手持ちのドアキーに 2377 と番号が刻印されていれば番号の一番最初の番号である 2番が適合するドアキーブランクになるということです。

グリップの裏側にはお馬さんも。

doorkey6
doorkey7

グリップはほぼ全部といってもいいかと思いますがヒビ割れています。

新品で手に入れても何故かヒビ割れています。

この部分はご了承して頂く必要ございます。

あとは何故か 4番のドアキーブランクは製造メーカーの名前 “S.A.F.E” や裏側のお馬さんも付いていません・・・本当になんでだろう。

何回取り寄せても同じなんです・・・涙

数に限りありますのでご希望の方はお早めにメールにてお問い合わせ下さい。

フェラーリ センターホイールバッジ

2018/08/25

フェラーリのホイール中央に付くバッジ(ホイールキャップ)は現在までに何度か変更されてきています。

wheelbadge1
wheelbadge2

一番目にするのは写真一番左側のバッジで多分 360 モデナ?位まではもともとこのデザインのバッジが装着されていたと記憶しています。

クラシックモデルはもちろん一番左側がシックリきますね。

それから写真真ん中のバッジに変更、この時が一番変更点が多かったです。

特に黄色が以前の物より明るくなり、跳ね馬のデザインも変わりました。

新型モデルにはこの方が良く似合いますが、個人的にはクラシックモデルには似合わないと思ってしまいます・・・

そして現在は写真一番右側のバッジに変更されました。

正直何が変わったのか分からないくらい真ん中の物と同じ色合いやデザインです。

こちらが現在供給されているバッジです。品番は 340066

340066a
340066b
340066d
340066e

こちらのバッジは 4個セットで現在ヤフオク出品中です。

売り切れてもまた入荷しますのでメールでお問い合わせ下さい。

フェラーリ テスタロッサ 用 ステアリングコラムスイッチ

2018/08/04

フェラーリ テスタロッサ用ステアリングコラムスイッチ Assy が手に入りました。

正真正銘の純正新品で Vitaloni 製です。

121561a
121561b
121561c

正直今後は間違いなく入手困難になります!!

既にメーカー供給は終了しておりますし・・・国内/本国にも在庫残っておりません。

今後もテスタロッサを所有されるのであれば「絶対」にスペアで購入されても損ないです!!間違いなく世界欠品になりますから!!

クラシックフェラーリのステアリングコラムスイッチはほぼ全滅です。

手に入ったとしてもリプロ品(リプロが出ればまだマシです)や高価な中古品のみ!!たまに天文学的な金額の新品も出るかもしれませんが(苦笑)

レバー単体はもともと出ませんのでアッセンブリのみです。

ご興味ございましたらお早めにお問い合わせ下さい。

 

そうそう、お客様から「最近 Facebook 更新しないの?」と聞かれました。

すみません、Facebook  はあまり更新していないです・・・最近はもっぱら Instagram です。

https://www.instagram.com/co.nextone_classic/

 

変態が拘るボルト

2018/05/22

タイトル読むと異常?ってことかと思われますが・・・その通りです(笑)

このボルト、右側のシルバーの物は現在フェラーリから供給されているボルトです。

でも本来(当時)はクロメート処理されていて左側のボルトのような金色っぽい色でした。

screw1

おまけに頭に文字(アルファベットや数字)が浮き出ていましたが、現在供給されている物はシルバーのボルトの頭の様に何も文字はなくツルツル頭です。

screw2

だからと言ってボルト本来の機能がない訳ではないのですが、ここが変態の拘りで、どうせなら当時物に近いボルトを使おうと言うことでクロメート処理されていて頭に文字が浮き出ている物を国内で見つけました(と言っても師匠に情報もらいましたが)。

たかがボルト、されどボルトでエンジンなんかはこのボルト使うだけでも印象は結構違います。

海外のコンクールに出る超が付く高級クラシックカーはこのボルトの文字なんかの方向まで同じにして締め付けています。

さすがにここまでする必要ないでしょう?と思われる方はそれでいいのです!!でも世の中には「分かる!!」と言ってくださる変態仲間が少なからずいますので!!

まぁ欲を言うならこの下の写真のボルトのように「LOBO」って文字が浮き出てるボルトを揃えたいですね。

screw3

まだまだ拘りはありますよ!!またちょくちょくご案内しますね。

 

アバルトの納車へ

2018/03/20

今日は早朝からアバルト 500 アセットコルセの納車へ。

クラシックモデルのアバルト 500 ではなく現行モデルの 500 で 49 台のみ製造された内の一台です。

残念な天気でしたがお客様のガレージに入れる時は雨が止んでいたのでラッキーでした。

IMG_2536

帰り際にお客様から「高橋さんスキそうなんで・・・」とお土産に 1:18 の Fiat Abarth 1000TCR を頂いちゃいました!!

ハイ、思いっきりスキです!!

小学生の様に喜んでしまったおっさんでした。

1000TCR1
TCR2

そして会社に戻ると仕事の山が・・・

明日は休日出勤ですな・・・

 

そんな中・・・完成していました!!大阪のエミリオさんにお願いしていた車検証ケース(ポーチ)。

コノリーレザーで作られた一点物!!さすが職人さん、仕上がりは文句なしです。

pouch

今回色は5色です。

詳細は後日ご報告致します。