日記

アバルト ミニバス ご成約!!

2020/01/16

イタリアのアバルト専門店「BERNI MOTORI srl」に依頼して製作してもらいましたアバルト ミニバス、先日ご成約頂き昨日無事に新しいガレージに収まりました。

abarthminibus

 

日本に上陸して 1 年足らずですが、結構愛着もあり自分の子供達もすごく気に入っていました。

新しいオーナーさんにも大事にしてもらえそうなので安心です(笑)

ん~でもクルマが何もないのはちょっと寂しい。

 

ランチア デルタ エボ用ステアリングコラムスイッチ

2020/01/07

あけましておめでとうございます。

年末年始はほぼ家族(主に三人の子供の遊び相手)との時間に完全燃焼しました・・・

昨日から仕事始めとなり、頭の中を仕事モードに切り替えて頑張っていきます。

昨年から少しづつ始めていましたが今年はフェラーリのパーツ屋さんイメージを一新して「イタリアンクラシックカーパーツ屋」に変更していく予定です。

フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティのクラシックモデルに拘っているわけではなく、お客様の中にはセカンドカーや奥様がアルファロメオやアバルトに乗られているかもみえますし、修理屋さんでも当然フェラーリだけに特化している訳ではなく色々な年代の車が入庫してきます。

さすがにイギリス車、ドイツ車、アメリカ車は知識がほとんどないのですが、フィアット、アルファロメオ、ランチア、アバルト等は対応出来ます。

ただ現行モデル/高年式モデルのパーツは他のメーカーでも同じですが国内の正規ディーラーさんと同じ金額(定価)もしくは割高になってしまいますので出来れば直接ディーラーさんにお問い合わせ下さい。

当社は基本「クラシックカー」のみ対応させて頂きます。(大体 1990 年代頃までのモデルですね)

 

ということで早速今年一発目の荷物が届きました。

中身はランチア デルタ エボ用のステアリングコラムスイッチです。

ん~あの車種と見た目は同じだな~金額は 3 分の 1 ?かな・・・汗

176972980a

176972980b

176972980c

176972980d

176972980e

 

ということで今年もネクストワンをどうぞ宜しくお願い致します。

2019/12/26

今年は今日 ( 12 月 26 日) で仕事納めです。

毎年言ってますが、あっという間の一年でした。

振り返ってみれば良いこと悪いこと色々ありましたが、とりあえず問題も解決して落ち着いた気持ちで新年を迎えることが出来そうです。

皆様今年も一年ありがとうございました、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

picture

年明けは 1 月 6 日 (月曜日) からです!!

地元のお祭りは大盛況でした!!

2019/11/26

今回初めて地元のお祭りに参加した当社ですが、当初の予想をはるかに超える方々に足を運んで頂けました!!

沢山の方がサニークーペ (TS 仕様) の運転席に座り本物のクラシックレーサーを堪能していただけたと思います。

もちろんエキゾーストノートも(笑)

002

003

アバルトミニバスも今回は移動販売車として雑貨販売のお手伝いをしました。

こちらも大盛況でした。

001

嬉しい悲鳴だったのは、あまりの盛況ぶりに人手が足りなかったこと・・・反省する点は山ほどありましたが「楽しめた」ことが一番ですし、少しでも当社のことを知ってもらえたかな?と思います。

来年はどうなるかまだ分かりませんが、機会があればまた参加したいと思います。

とにかく感謝感謝でした!!

 

地元のお祭りにサニークーペとアバルトミニバスを展示

2019/11/22

今週末に地元、岐阜県岐阜市で開催されるお祭りに当社の日産サニークーペ (TS 仕様) とアバルトミニバスを展示することになり、準備をしております。

先日近所の国産旧車を乗られている方が帰り道に当社の敷地内に止めてあったアバルトミニバスを発見し、勇気を出して?「ちょっと見せてもらえますか」と立ち寄って頂けました。

お話しすると以前から当社のことは気にはなっていたそうですがたまにフェラーリやランボルギーニが止まっており近寄るのが怖かった?そうです・・・涙

すみません・・・変な会社ではないんですがちょっと立ち寄り辛いオーラ出てるのかもしれません・・・反省

そんなこともあり、今回は地元のお祭りとあって普段お話しする機会が少ないご近所さんにも何をしている会社か知って頂くいい機会になりそうです。

b110

 サニークーペ (TS 仕様) は岐阜県警の白バイ隊の隣に展示し、自由に運転席に座ってもらうようにします。

エンジンも 2 回始動する予定です。

キャブレターを知らない世代の子供達や懐かしい~と感じる世代の方々まで普段中々見て、触って、エンジン音聞いて、オイルの焼けた匂いを嗅ぐ機会が少ないクラシックレーサーを十分に満喫してもらえれば大変嬉しいです。

abarth

アバルトミニバスでは手作り雑貨の販売車として今回使用することになりました。

見た目のインパクトはバッチリですのでこちらも「世の中にはこんな面白い車があるんだ~」と感じて頂ければ GOOD です。

もともとイベント好きの当社ですので今回も思いっきり楽しみたいと思います。

雨がちょっと心配・・・

OSCA 1600GT バルブ

2019/11/08

当社は主にフェラーリ、ランボルギーニ、マセラティのパーツ供給をしておりますが、フィアット、アルファ・ロメオ、ランチア、アバルトのパーツ(主にクラシックモデル)も取り扱っております。

そんな中、珍しい OSCA 1600GT のパーツ供給も現在行っており、今回はインテークとエキゾーストバルブをイタリアから取り寄せました。

OSCA の中でもザガートボディの 1600GT は国内でも数台しかない?モデルです。

過去に日本で整備されたようで前オーナーさんはエンジンに数百万円を支払ったにも拘らず余りにもエンジンの調子が悪く今回信頼ある方にお願いして再度分解/修理を行うことになりました。

OSCA

 

海外にも OSCA パーツを専門で扱っているショップは数少なく、しかもその専門店が出すパーツが必ずしも正しい物ではないので今回もなかなか苦労してパーツを集めています。

これらバルブも当初(多分)1500GT 用の物が届きました。傘径や長さが異なりましたので再度他のルートで取り寄せました。

まだまだ作業は終わりませんし今後もパーツが必要な感じです、それでも何とか使用出来るパーツを揃えてあげないと、そもそもクルマが可哀そうなので(涙)

 

アバルト 1000TC 用オイルパン

2019/10/28

アバルト 850TC – 1000TC – 1000TCR 用の “ABARTH” オイルパンの在庫ございます。

当時物ではなくアルミ製のリプロ品です。

フィアット 600 ベースのエンジン、アウトビアンキ A112 のエンジンであれば取付出来ると思います。

oipsump001

oilsump002

oilsump003

近々ヤフオクにも出品する予定です。

なかなかすべてのパーツをブログや Facebook でご紹介出来ません。

ブログや Facebook に出ていないパーツもヤフオクに出品したりしていますのでこちらもチェックしてみて下さい。

FOR SALE !! 2004 ドゥカティ モンスター S4R

2019/10/25

FOR SALE !!

2004 ドゥカティ モンスター S4R

車体番号 : ZDMM405AA3B047151

エンジン : L型2気筒4バルブ デスモドロミック 水冷

排気量 : 996cc

トランスミッション : 6速

走行距離 : 10,270km (2019/10/24 現在)

車検 : 令和2年7月

触媒有り(エキパイ集合部)

赤キー有り

二輪用 ETC 搭載

 

金額 400,000 円(税別)

ほぼほぼノーマルの状態です。

S4R1

S4R2

S4R3

S4R4

S4R5

S4R6

S4R7

S4R8

 

お問い合わせはメールにてお願い致します。

PayPay が使えるようになりました

2019/10/16

当社も時代の流れに乗って?「PayPay」がご利用頂けるようになりました。

paypay

正直私個人は使い方がよく分かりませんが、実際にお越し頂いてご利用頂けますし、メールで QR コードをお送り致しますのでスマホでお支払頂くことも出来ます。

「振込手数料」というものがなくなるのでお得ですね。

11月頃からはクレジットカード決済も導入予定です。

こちらはメールでご購入頂く場合のみになりますが VISA、MASTER、AMEX、JCB 等がご利用頂けます。

 

 

海外の夏季休暇

2019/07/26

毎年恒例の海外夏季休暇に入りました。

「サマーバケーション」です。

特にイタリア人は8月のほぼ全てを夏季休暇にしますので連絡取れません。

昨日もまだ仕事してるかな~?とイタリアの担当者に LINE してみると・・・

「今アルバニアに家族で来ていて泳いでるとこ!!」と・・・羨ましい・・・

そもそもアルバニアに行くっていうのが自分は一度も考えたことがない国でしたので非常に興味があります。

イタリア人の多くは8月の夏季休暇の為に一年必死に働いて一気にお金を夏季休暇に使うそうです(まぁ一部の人だけかもしれませんが)

日本では受け入れてもらうのは難しいかもしれませんが、ある意味少しくらいは真似してもいいのではないかと個人的には思います。

 

ということで9月に入るまでイタリアからのパーツの取り寄せはほぼ不可能です。

他のルートで取るようにしていますが、通常よりも時間が掛かったり金額が高くなったりもします。

お見積りも通常より時間が掛かる場合がありますので特に8月中は時間的余裕をもってお問い合わせ頂けますと助かります。

museum