日記

ブログ:ラ・フェスタ ミッレミリア 2013

2013/10/21

先週の金曜日にラ・フェスタ ミッレミリア 2013 を見にスタート地である明治神宮に出かけました。

金曜日は天気も良く多くのクラシックカーが集まっていました。

それでは写真をどうぞ。

1000miglia1
1000miglia2
1000miglia3
1000miglia4
1000miglia5
1000miglia6
1000miglia7
1000miglia8
1000miglia9
1000miglia10
1000miglia11
1000miglia12

残念なのはフェラーリが1台しか参加していなかったこと、マセラティも1台のみ。

やはり多いのはムシと呼ばれる小排気量のイタリア車、スタンゲリーニ等ですね。

それでもこれほどの数の貴重な車達を一度に見ることが出来るのはこのラ・フェスタ ミッレミリアだけですね、日本では。

ブログ:モントレーウィーク その③

2013/08/19

モントレーウィークの週末を飾るのはペブルビーチのゴルフコースで開催されるコンクール「Pebble Beach Concours d’Elegance」です。

とにかくこのコンクールに出品される車は最高のコンディションに仕上げられた車両で、とにかくお金が掛かっています・・・

pebble1
pebble2
pebble3
pebble4

ただ綺麗に仕上がっていればいいのではなく、その車のオリジナリティや歴史も重要です。

pebble5
pebble6
pebble7
pebble8

海外では車のコンディションを言葉で説明する時に「ペブルビーチコンディション」と伝える時があります。

それはペブルビーチのコンクールに出品出来るほど綺麗なコンディションですと言う意味ですがほとんどは現車を見ると裏切られます・・・(笑)

それにしてもアメリカ的なのは VIP が入れる箇所以外、車の周りに柵などされていないことです。

手を触れたりしてはいけないのは当然のマナーであり、ほとんんどの一般来場者がそのルールを守ります。

日本で開催すると多分限られた人しか来場出来ないか、もしくは完全に柵があるか・・・ですね。

 

ブログ:モントレーウィーク その②

2013/08/17

今日は昨日に引き続き「モントレーウィーク」の様子をご覧頂きたいと思います。

コークスクリューで有名なラグナセカのサーキットでオッサン達が3日間ひたすら走りまくるという日本では味わえない感覚のイベントがあります。

photo1
photo2
photo3
photo4

まず日本ではお目にかかる事の出来ない貴重な車が展示されるのではなく、本気で走るのです。

車は走ってナンボの人たちが数億円もする車でガンガン走る・・・たまにクラッシュしていますが・・・

photo5
photo6
photo7
photo8

このイベントはわざわざお盆の真っただ中にアメリカまで見に行く価値はあります!

当然走ることが可能な車をお持ちであればアメリカに送って3日間走りまくることも可能です。

photo9
photo10

このイベントに出場している人達はほとんどが50歳以上。

そして全米からこのイベントを見に来る人達もまた50歳以上の男女が圧倒的に多いのには驚きです。

さすがアメリカ、日本人ではまず成立しない形態のイベントです・・・(汗)

ブログ:モントレーウィーク その①

2013/08/16

まだまだ暑い日が続いています・・・(汗)

アメリカは今週は「モントレーウィーク」と呼ばれ、今週末は全米中から車大好きな人達がカリフォルニア州のモントレーに集まります。

あっちこっちでイベントが開催されておりこの期間中は周辺のホテルは満室状態・・・

今年は残念ながらモントレーに行くことが出来ませんでしたが、来年はまた行きたいです。

今週は「コンコースイタリアーノ」やコークスクリューで有名なラグナセカのサーキットで3日間ひたすら走りまくるイベントや歴史ある「ペブルビーチコンクール」などが開催されます。

週末には毎年大盛況なオークションも開催され寝る暇がない週末です。

italiano1
italiano2
italiano3
italiano4

写真は2010年のコンコースイタリアーノの様子です。

italiano5
italiano6
italiano7

同じ「コンクール」でもコンコースイタリアーノのペブルビーチのコンクールとでは比べ物にならない程レベルが違います。

まぁ出品される車種も全然違いますので比較は出来ないですが・・・

夏季休暇のお知らせ

2013/08/12

当社のお盆のお休みは8月13日(火曜日)~18日(日曜日)になります。

メールかファックスにてお問い合わせ頂ければ可能な限りお休み中も対応させて頂きます。

メール (next@next-trade.co.jp)

Fax : 058-253-7572

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

ブログ:スタンゲリーニ 用 プロペラシャフト ラバージョイント

2013/07/17

ミッレ・ミリア等で良く見かけるイタリアの「虫」スタンゲリーニ用のプロペラシャフトラバージョイントが入荷しました。

スタンゲリーニと言っても FIAT 1100 用の物になりますがオリジナルの「Pirelli」のラバーは入手困難です。

今回は2個入手しました!!

ブログ:アバルト パーツ入荷

2013/06/18

今日はアバルトのパーツが何点か入荷しました。

アバルト”ダブルバブル”用のフロントグリル(リプロ品)。

それから WEBER 40DCOE、アバルト専用って訳ではないですが・・・

アバルトのパーツは基本的にはクラシックモデルは大丈夫です。

新型のアバルトのパーツはちょっと苦手ですが・・・

ブログ:フェラーリ品質と外国人・・・

2013/05/22

当社ではほとんど毎日に近い位、海外のどこかから発送されたパーツが到着しますが、正直「イラッ」っとくることは少なくないです。

スイッチを取り寄せれば新品なのにすでにベタベタだったり・・・

新品のブッシュを取り寄せたら、ラバー部がひび割れていたり・・・

2個注文したのに、1個しか送られてこなかったり、在庫があるということで注文すると荷物に含まれていないので確認すると「在庫なかった」と言われたり・・・

パーツが明らかに取付不可能だったり・・・オリジナルと言って社外品が届いたり・・・

フェラーリの品質の問題か、外国人の性質か、人間の性格か、問題はいろいろあると思いますがなかなか改善出来ません・・・

昨日はランボルギーニ ディアブロのフロントガラスが到着しましたが、何もなかったのでまだ落ち着いています・・・

話は変わりますが、時代の流れですかね?当社も Facebook  を始めました。

Facebook の方では車両販売の情報や、海外への出張日記、イベントの紹介などを中心に情報配信していこうと考えています。

まだ始めたばかりなのでやり方が良く分かりませんが・・・(涙)

ブログ:やっぱり関心ないのか?

2013/05/01

先日、愛知県名古屋市の地下にある「日産ギャラリー」というところに「R382」が展示されていました。

いつもは乗用車の展示が多いのですが、たまにレーシングカーが展示されます。

今回も通りすがりに「おおっ!!」と思い、思わずマジマジと見入ってしまいました・・・

しかし、ふと気が付くとこの R382 をジロジロ見ているのは自分だけ・・・周りには若いカップル達もいましたが、彼ら彼女らの関心は最新の電気自動車・・・(汗)

こんな圧倒的な存在感があるレーシングカーがあっても全く見る気配もなし・・・

寂しい・・・かなり寂しい現実です・・・

人それぞれ好き嫌いはあると思いますが、「車」に関心がない若者が多いのは本当のようです・・・(涙)

ブログ:イタリア車のパーツ

2013/04/17

よくお客様から「イタリア車は何でもいけますか?」とお問い合わせを頂きますが・・・実は苦手なメーカーもあります・・・

フィアット、アルファ・ロメオ、ランチャは定期便がないので送料を考えると国内で調達して頂いた方が安いです・・・(汗)

アバルトはクラシックモデルであればパーツ供給可能です!!

例えば・・・アバルト 1000TCR、OT、1000SP などですね。

もちろんフェラーリ、マセラティ、ランボルギーニはクラシックモデルも高年式も対応しております!!