クラシックカー

クラシックカーのおもしろさ

2021/03/04

「クラシックカー」と言っても公式な定義はなく人それぞれ思っている年代が違います。

私個人的な感覚では戦前がヴィンテージカー、60 年代/ 70 年代がクラシックカー、80 年代/ 90 年代がネオクラシックカー、2000 年以降は高年式/現行車って感じです。

当社は主にクラシックカーやクラシックカーのパーツをメインに取り扱っております、ってことはメインは 1960 年代、1970 年代です。

フェラーリのモデルで例えると 250/275/330/365 系のフロント V12 エンジン搭載車、Dino 206/246GT、Dino 308GT4、308GTB/GTS、365BB/512BB 等です、まぁ簡単に言うと「キャブ車」ですね。

あくまでも「メイン」がこれらキャブ車になりますが、当然のことながらインジェクション車の「ネオクラシックカー」のパーツも在庫ございますし、海外からも定期的に取り寄せております。

正直「苦手」なのは 2000 年代の個人的には高年式/現行車と呼んでいる F430、458 イタリア、カリフォルニア、612、599、F12 等です・・・これらのパーツの多くは国内定価が安く(というかリーズナブル)設定されている為、イタリアから取り寄せると高くついてしまう場合があります。結局当社も国内の正規ディーラーさん頼み的な部分もあるので正直この辺りの車種は正規ディーラーさんにお任せしております。

パーツによっては外販禁止になっている物もありますので、なおさら正規ディーラーさんでしか対応できない部分もありますので。

 

当社がどうしてクラシックカーをメインにしているかというと・・・単純にその年代がスキだからです(笑)

現代のモデルの個々のパーツが「美しい」と私は感じることがないです・・・製造メーカーなら当然ですが出来る限りコストを抑えた材料を使用し効率よく製造していますよね。

しかし 1960 年代や 1970 年代はいちいち凝った作りですし、デザインも素晴らしい、そのまま飾っておいても「美しい」と思ってしまいます。

カーボンよりもスチールや真鍮、アルミ素材に魅力を感じてしまいます(変態)

そんなお金が掛かったパーツが組み込まれたクラシックカーは正直エンジン始動して発進するまでにいくつかの「儀式」が必要になります。

エンジンキーを回してフューエルポンプが「カチカチカチカチ」とガソリンを供給する音を確認してエンジンを始動、しばらく暖気をしてようやく発進することが出来ます。

そう、面倒なんですクラシックカーに乗るのって。

でもその儀式のお陰で今日のクルマの調子が分かったりもします。

走ればガチャガチャ、シャーンって金属音がして、マフラーの音で話している声が聞こえなかったり、しばらくはゆっくりと丁寧にギアチャンジをする必要があったり・・・でもこれが車との一体感を感じるんですよね。

 

今日も 1979 年のフィアット 900T をベースにアバルト仕様にした「アバルト ミニバス」のオイル交換をしました。

オイルはもちろんクラシックカー専用オイル「AGIP Novecento」、エンジンオイルは 20W-50、ミッションオイルは 85W-140 を使用しました。

abarth1

 abarth2

画像上側のボルトがオイルを注入するフィラーボルト、下側はオイルを抜くドレンボルトです。

abarth5

まずはドレンボルトを緩めると勢いよく「ジャ~」と古いオイルが抜けてきます。

abarth3

そして抜き終わったら今度は注射器のような道具を使って新しいオイルを注入します。

とにかく溢れ出てくるまで入れます。

abarth4

溢れるまで注入したら OK、綺麗にしたフィラーボルトとドレンボルトをしっかりと締めて終了です。

エンジンオイルは画像撮り忘れました・・・がオイルパンのドレンボルトを緩めれば古いオイルが出てきます。

abarth6

当然のことながら診断テスターなんか不要です。あとは実際に乗ってみて耳や鼻や体でクルマの状態を感じます。

今話題の AI ではアナログなクラシックカーは診断出来ませんし直せません、絶対に人の手と感覚が必要なんです。

このアバルトはイタリアから輸入しましたが訳あってエンジンを組み直しました。

エンジンも完成してここ数日で 150km 位テスト走行をしていますがエンジンは本当に快調!!以前とは比べ物にならないくらいです。

ミッションオイル入れてからも明らかにシフトチャンジのフィーリングは良くなりました。

現代のクルマと比較しても明らかにスピードは遅いですが、やっぱりクラシックカーっていいです(笑)自分でクルマを動かしてるって感じます。

色々な人の手を借りて今でも走り続けるクラシックカー!!電気自動車なんかに負けるもんか!!

 

 

今日も AGIP オイルを出荷します。

2021/02/03

今日はフェラーリ 330GT 2+2 用にご注文頂きました AGIP オイル「AGIP NOVECENTO」20W-50 を出荷しました。

agipoil

おおよそ 10 リッター入りますので 4 リッター缶 3 本になります。

まだまだ PR 不足で、おまけにコロナの影響で全国に行商に行けないのも痛いですがなんとか今出来ることを精一杯やるしかないです。

昨年もイベントにお邪魔すると「AGIP オイル復活したんだ~」、「AGIP のオイルってあるんですね~」など色々と声をかけて頂きます。

1980 年代~ 1990 年代の F1 世代には結構印象残っていますよね。私もその一人ですから(笑)

最近は業者様から 30 リッター缶をご注文頂いたりと少しずつですが浸透していっている感じはします。

フェラーリ限定ではないです、クラシックカーならイギリス車でもドイツ車でもフランス車でも日本車でも、もちろんフェラーリ以外のイタリア車でも大丈夫です。

業者様もお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

ポルシェ 356A 用 KONI ショックアブソーバー

2020/07/21

今日はポルシェ 356A 用の KONI ショックアブソーバーが到着しました。

shock1

shock2

shock3

えっ?ドイツ車のパーツも取り扱っているの?

確かにイタリア車全般に取り扱ってはおりますが、たまにポルシェ(空冷)のパーツもお問い合わせ頂く時がありますので一応入手ルートは作ってあります。

但しポルシェに関しましては「安くて速い!!」訳でも何でもないです。

ただ国内ではポルシェのパーツの入手が規制もあり難しくなってきていると聞きます、そこで少しでもお力になれればと思いお問い合わせがあれば調べることは致します。

フェラーリと違ってそこまで私自身ポルシェに関して知識がないですのでオリジナルのパーツを希望と言われても分かりません。

とりあえず 356 や空冷モデルまでであればお問い合わせ頂いても大丈夫です。

今週も頑張りましょう

2020/04/14

新型コロナウイルスの影響で海外から荷物が届かず、可能な限り手持ちの在庫分を販売したり、国内で調達したり細々と営業しております・・・

ファンベルト類も次第に在庫分がなくなっていっておりますが補充が出来ておりません (涙)

belt

お客様からはありがたいことに十分なくらいご注文を頂いてはおりますが、とにかく納期が未定です・・・

岐阜県も独自の緊急事態宣言を出しましたので現在は時短営業をしております。

もともと少人数の家族経営ですので家族以外の従業員もおらず最低限防止対策はしておりますが、それでも毎日不安でもあります。

まだまだ長引きそうな感じもありますがとにかくこの国難を乗り切ろうと思います!!

新型コロナウイルスの影響

2020/04/07

毎日報道される新型コロナウイルスの影響ですが、飲食店だけではなく当社のような輸入業者も大ダメージを受けています。

ということで少し当社が受けている影響をご説明します。

当社は基本的に海外(主にイタリア、イギリス、ドイツ、アメリカ)からフェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、アルファロメオ、アバルト等のパーツを取り寄せております。

毎週何便も海外から荷物が届き、お客様に納品しておりましたが、3月後半からはこの入荷する荷物がほとんど「ゼロ」です。

ごく一部、奇跡的に荷物が届くことがありますがこれもいつまで続くか分かりません・・・

従って現在は当社に在庫がある商品と、一部日本国内で調達出来る商品のみしか販売出来ておりません。

当社に在庫がある商品も多くはフェラーリの消耗品になりますがこれらも「補充」が出来ず在庫の数が減っていくだけです。

最近お客様から「納期はいつ頃になりそうですか?」と質問されますが、正直「分かりません」とお答えするしかないです。

海外の状況は日本よりも深刻です。あと数日、数週間で良くなるとは到底思えません。

お問い合わせ頂く分には全く問題ございません、当社に在庫ある物や国内で調達出来る商品に関しては金額/在庫状況/納期もご案内出来ます、ただ手持ちの在庫がない物、国内欠品の物に関しましてはそもそも海外と連絡すら取れない状況ですので金額/在庫状況/納期の確認自体出来ない状態です。

そんな中、お問い合わせ頂き、ご購入頂けるだけでも非常にありがたいです。

ferrariparts

日本国内では今日「緊急事態宣言」が出るそうですが、まだまだ不安な日が続きます。

私も小学生と幼稚園児の子供が3人います、まずは子供達の命を守ることが親としての最大限の使命だと思っていますので、みなさまもどうか大切な人の命を守る為にももう少し我慢しましょう。

「明けない夜はない」

 

1961 Abarth 1000 Bialbero Record Monza

2020/01/29

今日はイタリアで売りに出ている「1961 Abarth 1000 Bialbero Record Monza」のご紹介です。

言わずと知れた 1000cc DOHC エンジンを搭載したザガートボディのサソリです。

ロードカーも多い中、この個体は 1961 年にイタリアのモンツァサーキットで開催された「Coppa Ascari」と「Coppa Interuropa」のレースに出場していた個体です。

当時のドライバーは後に Abarth Simca 1300 や Ferrari 250GTO/250LM でレースに出ていた Oddone Sigala です。

bialbero1

 

bialbero2

bialbero3

bialbero4

bialbero5

モンツァで行われたレース以外にも数々のヒルクライム (Trento-Bondone, Trieste-Opicina, Stallavena-Boscochiesanuova etc) にも出場していました。

資料ももちろん残っています。

1985 年にレストアされた時にロード仕様へと変更されたようで、現在はレーシングカーというよりはロードカーになっています。

エンジンはリビルトされてからおおよそ 2000km 走行しておりエンジンブロックはもちろん “AH” ブロックです。

bialbero6

bialbero7

bialbero8

bialbero9

bialbero10

bialbero11

bialbero12

bialbero13

bialbero14

bialbero15

イタリアで登録されていますので、もちろん日本でもナンバー取得出来ますし、サーキット走行やヒルクライムのイベントにも参加出来ます。

小さなボディと 1000cc の小さなエンジンですが、一度エンジン音聞いてしまうと Abarth の虜になってしまいます(サソリの毒に犯されます)

私自身もサソリの毒に犯された一人です(笑)

この個体はイタリアにありますが、ご購入を希望される場合は当社が責任をもって日本に輸入しナンバーを取得してお渡し出来ます。

購入後のメンテナンスやパーツ供給もご安心下さい。

今後も1960年代から1970年代のロードカー&レーシングカーをメインに情報配信していく予定です。

一度っきりの人生、やりたいことに手が届きそうなのであればやってみましょう!!クラシックカーやクラシックレーシングカーで楽しい時間を過ごしてみましょう!!

お問い合わせは電話 (058-252-3503) または メールで。

ライセンスプレートライト入荷しました!!

2020/01/28

クラシックイタリアンカーに使用されているリア側のライセンスプレート(ナンバープレート)ライトが入荷しました。

今回は 2 種類、計 4 個入荷しました。

licenselight1

ナローカットとワイドカットです。

licenselight2

CARELLO 製ですが、当時物ではなくリプロ品になりますね。

licenselight3

アルファロメオ ジュリエッタ、ランチア アウレリア、フェラーリ Dino 246GT、マセラティ、ランボルギーニ、フィアット等々色々な車種に使用出来ます。

バルブ(電球)は付属しておりませんのでご注意下さい。

 

AGIP NOVECENTO

2019/12/14

来年から販売を開始する予定の AGIP NOVECENTO (ヴィンテージカー/クラシックカー専用オイル)の準備が着々と進んでいます。

AGIP

agip001

近々ローマの Eni 本社から販売促進用のグッズも到着します。

来年早々には新しい販売促進用のグッズが出る予定なのでそちらも順次到着予定。

肝心なエンジンオイルとミッションオイルは一部来年早々に到着しますが本格的な量は春くらいかな。

まだまだ準備が出来るだけ早い段階にご案内出来ればと思います!!

地元のお祭りにサニークーペとアバルトミニバスを展示

2019/11/22

今週末に地元、岐阜県岐阜市で開催されるお祭りに当社の日産サニークーペ (TS 仕様) とアバルトミニバスを展示することになり、準備をしております。

先日近所の国産旧車を乗られている方が帰り道に当社の敷地内に止めてあったアバルトミニバスを発見し、勇気を出して?「ちょっと見せてもらえますか」と立ち寄って頂けました。

お話しすると以前から当社のことは気にはなっていたそうですがたまにフェラーリやランボルギーニが止まっており近寄るのが怖かった?そうです・・・涙

すみません・・・変な会社ではないんですがちょっと立ち寄り辛いオーラ出てるのかもしれません・・・反省

そんなこともあり、今回は地元のお祭りとあって普段お話しする機会が少ないご近所さんにも何をしている会社か知って頂くいい機会になりそうです。

b110

 サニークーペ (TS 仕様) は岐阜県警の白バイ隊の隣に展示し、自由に運転席に座ってもらうようにします。

エンジンも 2 回始動する予定です。

キャブレターを知らない世代の子供達や懐かしい~と感じる世代の方々まで普段中々見て、触って、エンジン音聞いて、オイルの焼けた匂いを嗅ぐ機会が少ないクラシックレーサーを十分に満喫してもらえれば大変嬉しいです。

abarth

アバルトミニバスでは手作り雑貨の販売車として今回使用することになりました。

見た目のインパクトはバッチリですのでこちらも「世の中にはこんな面白い車があるんだ~」と感じて頂ければ GOOD です。

もともとイベント好きの当社ですので今回も思いっきり楽しみたいと思います。

雨がちょっと心配・・・

2019/06/06

「ネクストワンさんはイタ車全般いけますよね?」とよく聞かれますが・・・すみません、高年式/現行モデルは苦手です。

例えばアルファ ロメオ、初代ジュリエッタ、ジュリア等の 105系、115系など、1950年代~1970年代頃までは大丈夫です!!

ということでたまにはアルファロメオパーツのご紹介です。

headercap1
headercap2

特別入手困難な訳でもないですこちらのラジエーターキャップは。

0.7 Bar のキャップですが、ポイントはこの赤色のステッカー!!

105系、115系 (1300cc – 2000cc) のモデルに適合するキャップです。

当時はこんな感じで赤色のステッカーがキャップに貼られていました。

確かにボンネット開けてパッとこのキャップが見えたら何かカッコイイでしょ?それだけです(笑)

お問い合わせお待ちしております。