V型6気筒

ランボルギーニ ミウラ用ブレーキパーツ

2020/09/03

お客様からご注文を頂きましたランボルギーニ ミウラ用の前後ブレーキパッドと前後キャリパーキットが到着です。

brakeparts

キャリパーキットはこの頃 1960 年代は Ate 製ではなくガーリング製のキャリパーが多く使用されていたようです。

ミウラのキャリパーも前後共ガーリング製ですので、そのキャリパーに合ったシール類が必要です。

この頃はダンロップ製のキャリパーもありました。ダンロップって聞くとタイヤしか思いつかないかもしれませんが結構部品も作っていました。

 

今月中頃にようやく AGIP オイルの第 2 便が到着する予定ですので、実は先週から倉庫の整理をしております。

今回は 30 リッター缶が沢山到着しますのである程度のスペースを確保しておく必要があります。

倉庫には以前から「中古部品」が散乱しておりまして・・・汗

ようやく重い腰を上げて中古部品の整理をし始めました。

これら中古部品(中には新品も)は訳あって何年か前に大量に手に入れました、ただ品番がない物が多く、フェラーリパーツがほとんどだと思うのですが正直分からない物も多いんです。

写真はほんのほんの一部で多分この写真の 10 倍くらいはあると思います。

usedparts

ある程度までは長年の経験と記憶、蓄積された文字データ、2 万枚を超える写真データで判別は出来るのですが、一部は全く分からず多分鉄くずになる物もあると思います。

今後は少しずつ整理をして販売していこうと思います。

以外と貴重な物もあったりして。

14″ ワイパーブレード

2020/08/25

クラシックフェラーリに良く似合う 14″ (350mm) のワイパーブレードが入荷しました。

blade1

blade2

blade3

blade4

blade5

スケルトンタイプでオリジナルですと差し込むところに「CARELLO」と「TORICO」のダブルネームがありますが、こちらは社外品ですので名前なしです。

でも見た目はクラシック感ありますので今時のブレードよりは締まって見えます。

差し込み部分は 7mm ですのでフェラーリ以外でももちろん使用可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

AGIP NOVECENTO クラシックカー専用エンジンオイル

2020/08/18

既にイタリアを出港した船が 9 月頃に日本に到着する予定です。

今回はクラシックカー専用エンジン/ミッションオイルの「AGIP NOVECENTO」のラインの中でも一番大きな 30 リッターペール缶が相当数入荷します。

日本では 20 リッターの缶をペール缶と呼んでいますが海外では 30 リッター缶もペール缶って呼んでいます。まぁただの鋼鉄製の缶ってことですから特に意味はないです。

agipoil

 

地道に業者様(修理工場様)を営業周りしているとやはり 4 リッター缶ではなくペール缶が欲しいと・・・そりゃそうですよね。

4 リッター缶だと、作業効率も悪いですし、大量の空き缶が出ますので・・・

シングルグレードの 40 や 50 は今回あまり大量に入荷する予定がなく、というかイタリア本社が在庫を持っていない!!ということでマルチグレードの 20W-50 と 15W-50 が大量に入荷します。

結構世の中にはクラシックカー専用のエンジンオイルも出ていますが、ベースオイルが鉱物ではなく化学合成の物も多いです。

さすがにクラシックカーのエンジンには最新の化学合成では逆効果です。ここは鉱物油を選択して下さい。

30 年、40 年、もっと前の技術と素材で製造されたエンジン部品はさすがに現代の部品と比べるとかなり精度は低いです(当たり前です)ミクロの世界で見ると表面はガタガタでそこに最新の化学合成オイルを入れてしまうと、その細かな隙間を簡単に通り抜けてしまいオイル漏れを起こします。

ガスケットも紙のガスケットの時代です。やはりこの辺りも考慮してクラシックカーのエンジンにやさしい鉱物油を選択するのがベストです。

フェラーリ専用という訳ではなく、アルファロメオ、ランチア、フィアット、アバルト、ランボルギーニ、マセラティ、イタリア車以外のクラシックカーでももちろん大丈夫です。

おまけに 1990 年代  F1 でのイメージを持った方も多いと思います、 AGIP の火を噴く六本足の犬のロゴ・・・これだけでも価値あります(笑)

業者様(修理工場様や中古車販売店様)には業販価格で卸させて頂きます、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

もちろん正規ディーラー様もお気軽にお問い合わせ下さい、最近は新車を販売されている正規ディーラー様にもクラシックカーが入庫しております。

実際に何件かのイタリア車正規ディーラー様にもご利用頂いておりますので!!

 

フェラーリ Dino 246GT 用コンプリートピストン

2020/08/06

先日お客様からご注文を頂いておりましたフェラーリ Dino 246GT 用のコンプリートピストンが海外から届きました。

いつもはアメリカの JE-PISTONS 製が届くのですが今回は何やら「COSWORTH」と書かれた箱に入ってきました。

COSWORTH ? コスワース?あのコスワース?

piston1

piston2

piston3

piston4

コスワースがピストンを作っていたのは知っていましたが、海外でもコスワース製はかなり金額高くなるから、ワンオフで作る必要があるピストンなら仕方がないけど・・・と言われていました。

コスワースと言えばイギリス人のマイク・コスティンさんとキース・ダックワースさんが 1958 年に創業したレーシングエンジンビルダーです。

個人的なイメージはやはり名機「DFV」ですね。

1970 年代の F1 ではほとんどのチームが FORD DFV エンジンを搭載していたくらいです。

1970 年代の F1 が欲しい私ですが、ダメならせめてコンプリートの DFV が欲しいくらいです(笑)

何か一人で興奮して梱包していました(笑)

 

フェラーリ ギアシフトノブ

2020/07/14

フェラーリ、クラシックモデル用のギアシフトノブですがシフトパターンが彫られている物は 3 種類あります。

shiftknob

白文字のローバックは 1970 年代から 1990 年代までのモデルに多く使用されています。

Dino 246GT、308、BB、F40、テスタロッサなどです。

オレンジ文字は 328、GTB/GTS Turbo、モンディアル T です。

左上が 1 速のタイプはフロント 12 気筒の 365GT 2+2、365GTC4、365GT4/2+2、400、412 等です。

 

実はこの中に 1 個だけ「社外品」があります。

でも分からないでしょ?

以前はまあまあ残念な社外品が多かったんですが、去年位?に出た社外品は正確にオリジナルを再現しており正直取り付けても違和感ないです。

クラシケも問題ないでしょう。

海外で純正在庫ありってネット出てますが、ほとんど社外品です。知らないショップも多いみたいです。

フェラーリに注文すると社外品来ますから・・・フェラーリから出れば純正品か。

 

 

 

ブレーキキャリパーシールキット入荷

2020/06/11

Ate 製のブレーキキャリパーシールキットが入荷しました。

当社在庫分ですのでご注文頂ければ当日発送出来ます(数に限りありますのでご注意下さい)

caliperkit

95691531 フロントキャリパーシールキット (デイトナ/412/365BB/512BB/512BBi/テスタロッサ)

95691532 リアキャリパーシールキット (デイトナ/412/365BB/512BB/512BBi/テスタロッサ)

95691535 フロントキャリパーシールキット (Dino 246GT/Dino 308GT4/308 2V/308QV)

95691536 リアキャリパーシールキット (Dino 246GT/Dino 308GT4/308 2V/308QV)

お問い合わせはメールにてお願い致します。

AGIP NOVECENTO クラシックカー専用エンジンオイル

2020/06/08

当社で独占販売をしておりますイタリア AGIP 社のクラシックカー専用エンジンオイル「AGIP NOVECENTO」をご購入頂きましたフェラーリ 308GTB のオーナー様より写真を頂きました。

「ありがとうございます!早速使用させて頂きました!」

IMG_4484

IMG_4485

先日テスタロッサにも使用して頂き、今度はランボルギーニ カウンタックにもご使用頂く予定です。

感謝です!!

フェラーリ 365GT4/2+2 用デスビキャップ

2020/05/30

フェラーリ 365GT4/2+2 用にご注文を頂きましたデスビキャップが入荷です。

このデスビキャップは当時の「MAGNETI MARELLI」製ではなく社外品になりますが 1970 年代頃までの V12 エンジンであればどのモデルにでも使用可能です。

水平対向のテスタロッサにも使用出来ます。

distributorcap1

distributorcap2

 

こちらは当時物のデスビキャップ、フェラーリ Dino 206GT 用の中古品です。

distributorcap3

distributorcap4

この「MAGNETI MARELLI」の名前があるだけでも相当レアです今の時代は・・・

MARELLI 社は昨年、日本のカルソニックカンセイと経営統合しましたが、もう一度 MAGNETI MARELLI のブランドでフェラーリのパーツ再生産してくれないかなぁ~と勝手に思っています。

AGIP の名前が復活して、またエンジンオイルが AGIP の名前で販売されたように、MAGNETI MARELLI も 1970 年代のフェラーリ F1 では必ず目にする名前でしたので何かしらの形でクラシックフェラーリ用に復活してくれることを願います。

クラシックカー専用エンジンオイル「AGIP NOVECENTO」

2020/05/08

日本では唯一当社だけがイタリア Eni 社から許可をもらい取り扱いを開始しましたクラシックカー専用のエンジンオイル「AGIP NOVECENTO」です。

1970年代後半に黄金時代を形成したスクーデリアフェラーリ (F1) の 312T シリーズのボディには「AGIP」のロゴがいっぱい貼ってありましたよね。

312T

はい、その「AGIP」です。

AGIP の名前はなくなってしまいましたが数年前に AGIP の名前が復活し、クラシックカー専用のエンジンオイル、ミッションオイルが開発/販売されました。

化学合成オイルではなく、クラシックカー専用とあってベースオイルは鉱物(ミネラル)です。

クラシックカーのエンジンに使用されているガスケットやコンポーネントのクリアランスを考えると最新の化学合成オイルよりも昔ながらの鉱物オイルの方が安全/安心です。

だからといって当時のオイルを使用している訳ではないですよ(笑)

現代の最新技術で製造されておりますのでご安心下さい。

このクラシックカー専用エンジンオイルでは 1900 年~ 1950 年頃までに製造された車両にお勧め出来るシングルグレードの SAE 40 と SAE 50 も設定があります。

シングルグレードは需要も少ないので生産自体が少なく、当社にも SAE 40 の 1 リッター缶と 4 リッター缶が数本だけしか入荷しておりません。

 

シングルグレード SAE 40 (1 リッター缶)  3,000 円(税別)

40a

 

シングルグレード SAE 40 (4 リッター缶)  12,000 円(税別)

404

 

マルチグレード は SAE 20W-50 と SAE 15W-50 の設定があります。

メーカーは 1950 年~ 1970 年頃までの車両には SAE 20W-50 を、1970 年~1990 年頃までの車両には SAE 15W-50 を推奨しておりますが絶対にと言う訳ではございません。

 

マルチグレード SAE 20W-50 (1 リッター缶)  3,000 円(税別)→ ありがとうございます、完売しております。

20W501a

 

 

マルチグレード SAE 20W-50 (4 リッター缶)  12,000 円(税別)

20W504a

 

マルチグレード SAE 15W-50 (1 リッター缶)  3,000 円(税別)

15W501a

 

マルチグレード SAE 15W-50 (4 リッター缶)  12,000 円(税別)

15W504a

 

そしてミッションオイルは 4 リッター缶のみの設定です。

SAE 80W-90  (4 リッター缶)  12,000 円(税別)

80W90a

 

このオイル缶はなんとオブジェにも最適です(笑)

ガレージに置いておくだけでもオシャレですね。

エンジンオイル/ミッションオイルをご注文頂くとちょっとしたノベルティやステッカーもお付けしております。

agip1

agip2

AGIP = Ferrari のイメージ大きいですが、当時はフェラーリ以外のランボルギーニ、マセラティやアルファロメオもメーカー指定オイルが AGIP でした。

特別フェラーリ専用ではございませんのでクラシックカーであれば他の自動車メーカーでも大丈夫です。

 

エンジンオイルは数量によっては金額もご相談させて頂きますので業者様もお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはご面倒でもメールかファックス (058-253-7572) にてお願い致します。

 

 

AGIP NOVECENTO 販売開始します!!

2020/03/31

満を持して AGIP NOVECENTO の販売を開始致します!!

40才代以上の方には懐かしいと感じる六本足の犬が炎を吐くロゴでお馴染みの「AGIP」オイルがクラシックカー専用のオイルを開発しました。

ブランド名は「AGIP NOVECENTO」カタカナで書くとアジップ ノヴェチェントです。

日本国内ではまだ販売されておらず当社のみがイタリア Eni 社から唯一販売許可をもらっている会社になります。

まだまだ本社の在庫管理が安定しておらず今回入荷した第一便も全てのラインナップで余裕のある数量入っておりません・・・とりあえず先に下記 3 種類のみの販売になります。

agip

 

① エンジンオイル 20W-50 (1950年~1970年代のモデルにお勧めです)

4リッター缶 = 12,000 円 (税別)

 

② エンジンオイル 15W-50 (1970年~1990年代のモデルにお勧めです)

4リッター缶 = 12,000 円 (税別)

 

③ ミッションオイル 80W-90   4リッター缶 = 12,000 円 (税別)

 

送料無料です。

 

3 種類とも 4 リッター缶のみとなります。

1 リッター缶や 30 リッター缶は数量が極端に少ないのでご希望の方はお問い合わせ下さい。

ご存知の通り AGIP オイルは当時 フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、アルファロメオのメーカー指定オイルでした。

世の中には色々なエンジンオイルが存在しますが「やっぱり AGIP オイルがイイ!!」って思って頂けると嬉しいです。缶だけ飾っておいてもオシャレですしね。

もちろん天下の AGIP 社 (今は Eni 社) が開発したクラシックカー専用のオイルですので、熱劣化に強く、優れた耐摩耗性、高い耐腐食性を持ち、メカニカルパーツの保護にも効果があります。

ベースオイルがミネラル (鉱物) です、化学合成オイルの小さい分子ではないですので、紙ベースのガスケットやゴム製のガスケットにもダメージがなく、オイル漏れ防止にもなります。

何十年も経過しているエンジンはどうしても摩耗劣化で例えばシリンダーとピストンの隙間 (クリアランス) も広くなり、圧縮が落ちていきます、ある程度の粘度があり分子が大きいクラシックカー専用オイルを使用した方が圧縮が高くなり本来のパフォーマンスが発揮出来ますし、冷却性能やカーボンやスラッジを洗い流す洗浄効果等、色々と考えられて開発されています。

エンジンオイルって思った以上に重要です。クラシックカー専用のオイルを使用してもやはり定期的なオイル交換はして下さい。

とにかく流通量が非常に少なく、事前にご予約頂いていた分を除くと残りの数量も少ないです。

新型コロナウイルスの影響で深刻な状況のイタリアでは次回の第二便もいつ頃出荷出来るのか不透明な状況です。

お問い合わせはご面倒でも メール にてお願い致します。