V型6気筒

フェラーリ Dino 246GT US モデル用フロントウィンカーレンズ

2017/11/13

珍しくフェラーリ Dino 246GT 用 US モデルのフロントウィンカーレンズをご注文頂きました。

国内では US モデルの多くが ヨーロッパ仕様の台形のウィンカーレンズに変更されていますが、この個体は US スペックを保っているようです。

20176301a
20176301b
20176301c

当時物はやはり入手難しいですがキャレロ製のリプロ品が出ていました、但しフェラーリからの供給はありませんので!!

左右レンズだけでも結構な金額しました・・・汗

フェラーリ ギアシフトノブ

2017/11/08

フェラーリ純正ギアシフトノブが入荷しました。

knob1
knob2
knob3

文字色が白色は Dino 246GT、308GT4、308GTB/GTS、308GTBi/GTSi、308QV、F40、288GTO、348、365BB、512BB、512BBi、テスタロッサ、512TR、モンディアル 8、モンディアル QV、モンディアル 3.2 に使用されています(みんな同じなんです)

オレンジ色の文字色のノブは 328GTB/GTS、GTB/GTS Turbo、モンディアル t 用になります。

安価なレプリカ品も出回っているみたいですが数字の書体が異なりますのですぐ分かります。

どちらも在庫ございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

フェラーリ Dino 246GT 用ヒーターバルブ

2017/10/19

フェラーリ Dino 246GT 用ヒーターバルブが入荷しました。

104292a
104292b
104292c

当時のオリジナル(オリジナルは SAVARA かな?)ではないとは思いますが最近はこの商品自体入手難しくなってきていますね・・・

とりあえず1個は在庫ございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

カリフォルニアン ミラー

2017/07/31

いや~4耐、8耐楽しかったです。

やっぱり耐久レースって何かしらドラマがあるので最後まで本当に気が抜けません。

今回気になったのは特にヤマハのファンではないんですがヤマハファクトリーチーム YART の野佐根 航汰選手のあの路面スレスレまで身体を倒しこんで走る独特でアグレッシブなライディングフォーム・・・かっこいい。

0613_002

(すみません、画像はヤマハのサイトから拝借しました)

また来年が楽しみです。

さぁ本業の方は、海外からカリフォルニアンミラーが届きました。

カリフォルニアンミラーといえば70年代、80年代のフェラーリに使用されていた Vitaloni 製になりますが、今回はあえて Vitaloni 製ではなく「カリフォルニアン タイプ」のレプリカ品(というのかな?)を取り寄せました。おもいっきり「Californian」ってステッカー貼ってありますけど・・・

californian1
californian2
californian3
californian4

フェラーリでは 308 に取り付けられている場合が多いですが、Dino や BB にも使用されていましたね。

クルマだけではなく DUCATI 等の2輪にも使用されていました。

今回取り寄せたミラーは Vitaloni 製のリプロ品と違い、表面がツルッとしています。 Vitaloni のリプロ品はザラザラした感じだったと思います。

当時のオリジナルではないんですが、このツルッとした感じ、個人的にはスキなんです。

ありがとうございます当社在庫分完売致しました!!

(取り寄せ可能な商品ですのでお問い合わせ下さい。)

 

フェラーリ Dino 246GT 試運転

2017/07/20

師匠から「Dino 絶好調だから乗りにおいでよ!」とお誘いがありましたので試運転させてもらいに行きました。

dino246gt

午前中ですがすでに30度を超えています。

でもエンジンは一発でかかり、おまけにアイドリングも超安定しています。

しばらく暖気をしていざ出発!!

「あれ?Dino のエンジンってこんなにパワフルで、でもこんなに乗りやすかったっけ?」と思えてしまうくらい全くストレスを感じないくらいスイスイ乗れちゃいます。

「これでも80点くらいだな」と師匠・・・もう少しキャブの調整もしたいそうです。

このクソ暑い中、クーラーもないクルマですが、気分は最高!!

「あ~Dino 欲しいな~」

そんな感じでした。

いい経験をさせて頂きました、ありがとうございました。

フェラーリ Dino 246GT (Tipo-E) エンジン O/H 完了

2017/07/03

いかにも当社がエンジン O/H しましたって感じのタイトルですが、当社はパーツ供給のみです(笑)

dino002

実はこのクルマ、関東の方でエンジンを一度オーバーホールしたらしいのですがどうにも調子が出ず、原因不明・・・そんなこんなで某ショップに運び込まれてきたという訳です。

「オーバーホール」って名前・・・怖いですよね・・・本当にどこまでやってあるのか・・・エンジン完成してしまうともう一度開けてチェックすること出来ませんから正直信じるしかないです。

やはりこのクルマのエンジンも色々と〇〇な状態だったようです(汗)

まぁそんなこんなで無事エンジンのオーバーホールが完了しクルマにエンジンも搭載されので出来たてホヤホヤの匂いと音を聞きに行ってきました。

dino001

「え!? Dino のエンジン音ってこんなにイイ音したっけ?」と思わず疑ってしまうくらい太めのエキゾーストノートとキャブ独特の吸気音。

「まだこれかキャブ調整してくよ」と言いながらもピタッと安定したアイドリング。

明らかにオーバーホール前とは天と地の違いです・・・いつものことながら感心です。

ちょこっとだけですがエンジン音はこちらからどうぞ。

 

エアコンコンプレッサー/オルタネーター/スターターモーター O/H

2017/06/24

国内の電装屋さんにお願いしていましたフェラーリ 360 モデナ用エアコンコンプレッサーのオーバーホールが無事終了し戻ってきました。

compressor1
compressor2

今回はガス漏れとマグネットクラッチのフューズが飛んでしまうとのお客様からのご相談を頂き検査をしてもらったところ、やはりガス漏れとマグネットクラッチの故障(コイルが内部でショート)が見つかりましたのでオーバーホールをしてもらいました。もちろんコイルは巻き直しです。

作業は通常おおよそ1週間~2週間位で完了します。

金額は作業や状態にもよりますが間違いなく新品で購入するよりは安く済みます。

フェラーリ専門ではなく、他のイタリア車ドイツ車アメ車イギリス車、そしてもちろん国産車のエアコンコンプレッサー、オルタネーター、スターターモーターも対応可能です。

あまり古いクラシックモデル(1980年代以前)ですと消耗パーツなどの調達が難しい場合もありますのでご注意下さい。

まずはメールにてお問い合わせ下さい。

フェラーリ Dino 246GT 用サーモスタットハウジング

2017/05/13

お客様からご注文を頂いていましたフェラーリ Dino 246GT 用のサーモスタットハウジングが入荷しました。

こちらは当時物ではなくリプロ品になります。

thermo1
thermo2
thermo3

ご丁寧に中にはサーモスタットも付属していました。

Dino は割とリプロ品が多く流通しているので基本困ることは少ないですかね。

フェラーリ Dino 206GT 用 ANSA マフラー

2017/03/07

フェラーリ Dino 206GT 用のマフラーです。

純正のオリジナルが生産終了になってからは、Dino 246GT 用を加工して装着していましたが、何年か前に ANSA からスポーツタイプのマフラーが出ました。

これはほぼ 246 用のタイコに 206 用の細いテールパイプを付けた感じでした。(これ↓)

FE1510a

そしてようやく、ようやく ANSA がオリジナルタイプのマフラーを作ってくれました!!

満を持して登場したのがこのオリジナルタイプ↓

FE1580a
FE1580b
FE1580c
FE1580d

テールパイプは直径 35mm です。

受注生産になりますので2~3ヶ月程時間は掛かります。

金額はというと・・・高いです(汗)・・・お問い合わせ下さい・・・

フェラーリ Dino 246GT 用メーターパネルプレート

2016/11/18

珍しいパーツが到着です。

フェラーリ Dino 246GT 用のメーターパネルプレートです。

panel1
panel2

表面はこんな感じです。

純正品はとっくの昔に生産終了になっていますのでリプロ品のみ入手可能です。

忙しい週が終わりました・・・日曜日は鈴鹿サーキットへ「サウンド・オブ・エンジ」を見に!!