V型6気筒

車検証入れ(マニュアルポーチ)

2021/01/09

こんなの作ってみました。

以前コノリーレザーで作った車検証入れのアップグレード版です(笑)

跳ね馬エンブレムは本物のフェラーリ純正品を使用しました。

pouch1

pouch2

pouch3

pouch4

pouch5

pouch6

pouch7

pouch8

pouch9

pouch10

車検証を入れる所も作ってあります。

もちろんオリジナルのオーナーズマニュアルも入ります。

本物のコノリーレザーを使用しましたのでクラシックフェラーリの室内と同じ匂いします(笑)分かる人には分かります。

ご質問やお問い合わせはご面倒でもメールにてお願い致します。

フェラーリ Dino 246GT 用ヘッドライト

2021/01/06

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

早速ヨーロッパからの荷物が到着しました。

偶然にも 2 件からフェラーリ Dino 246GT 用のヘッドライトをご注文頂きました、1 件は訳あって片側分だけです。

headlight

 

もちろん CARELLO 製です。

昨年末から海外のコロナの状況を注視していますが、イギリスもまたロックダウンしましたね。

今のところパーツの入手に大きな影響はなさそうですがこれだけ国内外の感染が再拡大すると昨年の4月、5月頃のように全くパーツが届かないなんてこともあり得ます。

急に入荷時期が未定になる場合も想定出来ますので予めご了承下さい。

今年もまだまだコロナの影響が収まる気配はなさそうですが頑張ります!!

委託販売

2020/12/01

お客様から「すみません、使用しなくなったパーツがあるんですが買取はされてますか?」とお問い合わせありますが・・・

すみません、買取はしておりません。でもパーツお預りさせて頂ければこちらで委託販売致します。

ということで今回もフェラーリ Dino 246GT のパーツ等々がどどっと到着しました。

dinoparts

正直まだ手が付けれておりません・・・毎日の電話、ファックス、メールでの見積りの対応、入荷したパーツの検品/発送等々・・・「明日こそはやるぞ!!」と意気込みながら数日経過しました。

細かなパーツは品番などもない状態ですので把握するのも大変です、ある程度は頭の中のデータで判断出来るんですが。

最近ちょっと許容範囲を超えてきた感があるのでなんとかスムーズにこなせるように改善せねばと思います。

そんなこと考えれるレベルなんでまだ余裕は少しあるんだと思いますけど。お酒飲む量は増えた気がしますけど(笑)

クラシックフェラーリ用タイヤバルブ

2020/10/21

タイヤのエアーバルブですが、とりあえず 2 種類揃えております。

写真左側はフェラーリ純正品のアルミ製のバルブ、そして右側は社外品のメタルバルブ。

tyrevalve1

tyrevalve2

tyrevalve3

まぁどちらを選ぶかは好みだけです(笑)

tyrevalve4

tyrevalve5

tyrevalve6

tyrevalve7

僕はメタルかな。

フェラーリ Dino 246GT CROMODORA レプリカホイール

2020/10/15

お客様からご注文を頂き取り寄せましたフェラーリ Dino 246GT 用のクロモドラスタイルのレプリカホイールです。

スタイルということなのでオリジナルではないです。

33202a

33202b

以前までは CROMODORA の名前や Dino の名前も入っていませんでしたが今回からは Dino の名前が入ったタイプをメインに取り扱っております。

33202c

 

サイズは 6.5 x 14″ です。

33202d

マグネシウム製ではなくアルミ製ですので腐食の心配はありません。

見た目もオリジナルのデザインですので違和感なくご使用頂けますね。

33202e

33202f

33202g

33202h

5本ボルトの Dino 246GT Tipo-M と Tipo-E 用になります。

センターロックの Dino 206GT と 246GT Tipo-L 用は別途お問い合わせ下さい。

ミシュラン XWX タイヤも手に入りますので!!

フェラーリ Dino 206GT ヒートエクスチェンジャーホース

2020/10/10

フェラーリ Dino 206GT のヒートエクスチェンジャーとオイルフィルターを繋ぐ上下のホースです。

oilhose1

oilhose2

oilhose3

既に純正供給はなくなっていますので今回は社外品で調達しました。

Dino 用といっても 206GT、246GT Tipo-L、Tipo-M、Tipo-E と全て違う形状のホースになりますのでご注意下さい。

246GT 用のパーツはリプロ品や社外品が割と多い方ですが、206GT 用は専用品もありますので結構リプロ品や社外品は少ない様です。

現在も 2台分の Dino 206GT のパーツ供給をしておりますが入手が難しい物が多いです・・・世界中探していますがなかなか見つかりませんし、見つかっても違っていたりと大変です。

クラシックフェラーリ用シガーライター

2020/09/29

1960 年代、1970 年代頃のフェラーリには大体使用されていました BRICO PRAM のシガーライターが入荷しました。

20040903a

20040903b

20040903c

20040903d

 

タバコを差し込むタイプです。

まぁ実際に使用する人は少ないと思いますが・・・私自身タバコを吸わないので使用方法分かりません・・・

多分タバコを差し込んで丸い黒い部分を押し込むとコイルが熱くなるのかな?ちょうどタバコを差し込んだ先にコイルがありますので。

お車を当時の雰囲気に戻したいのであれば絶対に必要です。

ランボルギーニ ミウラ用ブレーキパーツ

2020/09/03

お客様からご注文を頂きましたランボルギーニ ミウラ用の前後ブレーキパッドと前後キャリパーキットが到着です。

brakeparts

キャリパーキットはこの頃 1960 年代は Ate 製ではなくガーリング製のキャリパーが多く使用されていたようです。

ミウラのキャリパーも前後共ガーリング製ですので、そのキャリパーに合ったシール類が必要です。

この頃はダンロップ製のキャリパーもありました。ダンロップって聞くとタイヤしか思いつかないかもしれませんが結構部品も作っていました。

 

今月中頃にようやく AGIP オイルの第 2 便が到着する予定ですので、実は先週から倉庫の整理をしております。

今回は 30 リッター缶が沢山到着しますのである程度のスペースを確保しておく必要があります。

倉庫には以前から「中古部品」が散乱しておりまして・・・汗

ようやく重い腰を上げて中古部品の整理をし始めました。

これら中古部品(中には新品も)は訳あって何年か前に大量に手に入れました、ただ品番がない物が多く、フェラーリパーツがほとんどだと思うのですが正直分からない物も多いんです。

写真はほんのほんの一部で多分この写真の 10 倍くらいはあると思います。

usedparts

ある程度までは長年の経験と記憶、蓄積された文字データ、2 万枚を超える写真データで判別は出来るのですが、一部は全く分からず多分鉄くずになる物もあると思います。

今後は少しずつ整理をして販売していこうと思います。

以外と貴重な物もあったりして。

14″ ワイパーブレード

2020/08/25

クラシックフェラーリに良く似合う 14″ (350mm) のワイパーブレードが入荷しました。

blade1

blade2

blade3

blade4

blade5

スケルトンタイプでオリジナルですと差し込むところに「CARELLO」と「TORICO」のダブルネームがありますが、こちらは社外品ですので名前なしです。

でも見た目はクラシック感ありますので今時のブレードよりは締まって見えます。

差し込み部分は 7mm ですのでフェラーリ以外でももちろん使用可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

AGIP NOVECENTO クラシックカー専用エンジンオイル

2020/08/18

既にイタリアを出港した船が 9 月頃に日本に到着する予定です。

今回はクラシックカー専用エンジン/ミッションオイルの「AGIP NOVECENTO」のラインの中でも一番大きな 30 リッターペール缶が相当数入荷します。

日本では 20 リッターの缶をペール缶と呼んでいますが海外では 30 リッター缶もペール缶って呼んでいます。まぁただの鋼鉄製の缶ってことですから特に意味はないです。

agipoil

 

地道に業者様(修理工場様)を営業周りしているとやはり 4 リッター缶ではなくペール缶が欲しいと・・・そりゃそうですよね。

4 リッター缶だと、作業効率も悪いですし、大量の空き缶が出ますので・・・

シングルグレードの 40 や 50 は今回あまり大量に入荷する予定がなく、というかイタリア本社が在庫を持っていない!!ということでマルチグレードの 20W-50 と 15W-50 が大量に入荷します。

結構世の中にはクラシックカー専用のエンジンオイルも出ていますが、ベースオイルが鉱物ではなく化学合成の物も多いです。

さすがにクラシックカーのエンジンには最新の化学合成では逆効果です。ここは鉱物油を選択して下さい。

30 年、40 年、もっと前の技術と素材で製造されたエンジン部品はさすがに現代の部品と比べるとかなり精度は低いです(当たり前です)ミクロの世界で見ると表面はガタガタでそこに最新の化学合成オイルを入れてしまうと、その細かな隙間を簡単に通り抜けてしまいオイル漏れを起こします。

ガスケットも紙のガスケットの時代です。やはりこの辺りも考慮してクラシックカーのエンジンにやさしい鉱物油を選択するのがベストです。

フェラーリ専用という訳ではなく、アルファロメオ、ランチア、フィアット、アバルト、ランボルギーニ、マセラティ、イタリア車以外のクラシックカーでももちろん大丈夫です。

おまけに 1990 年代  F1 でのイメージを持った方も多いと思います、 AGIP の火を噴く六本足の犬のロゴ・・・これだけでも価値あります(笑)

業者様(修理工場様や中古車販売店様)には業販価格で卸させて頂きます、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

もちろん正規ディーラー様もお気軽にお問い合わせ下さい、最近は新車を販売されている正規ディーラー様にもクラシックカーが入庫しております。

実際に何件かのイタリア車正規ディーラー様にもご利用頂いておりますので!!